健康な体のために自宅で行うストレッチとエクササイズ

このサイトでは坐骨神経痛でお困りの方のためにタイプの異なる二つのストレッチと一つのエクササイズを紹介しています。

坐骨神経痛には様々なタイプの原因と症状があります。

■座っていると痛くなる場合は、骨盤の中心付近や坐骨の周辺の筋肉にこりが現れ、下肢にこりができることが原因となるタイプです。痛み、はり、しびれの症状は立ったり、歩いていると現れませんが、座るとこれらの症状がでてくると言われています。

■椎間板ヘルニアによる痛みはこのタイプが多いと言われています。原因となるのは腰椎が圧迫され、クッションの働きをする椎間板が押し出され、坐骨神経を圧迫することです。上半身を支えるために大きな力がかかることから、多くは腰椎から仙椎に繋がるあたりの椎骨が原因となって症状が表れます。痛みやしびれ、はりの症状がでると歩く事も立つことも難しくなると言われています。

■歩き続けていると、はりが出て歩けなくなり、しばらくの間じっとしていると再び歩けるようになるのは間欠破行と言われています。このタイプは腰椎や仙椎に繋がる部分が圧迫され脊椎間狭窄が起こることが原因の一つだと言われています。

■大腰筋にこりがあるとその奥の深層筋がさらに硬くなってしまうことがあります。このタイプは硬くなった筋肉が坐骨を圧迫して、大腰筋にこりがでることがきっかけとなります。その結果として延長線上のおしりや下肢の筋肉に痛み、はり、しびれがでるようになると言われています。


つらい症状の根本的な原因はどこにあるのでしょう。
腰痛の悩みの歴史は人間が歩行を始めた時から始まったと言われています・・・

背を伸ばして垂直に保つ姿勢のために歩く、走るなど
運動の基本動作に始まり、座っている時も腰には負担がかかります。

自然に運動した時代それでもまだよかったかもしれませんが、
現代人は以下のような原因から腰痛に悩まされています。

デスクワークなど座って行う仕事では慢性的な運動不足からくる負担

入院など体の筋肉が部分的に弱った状態からくる負担

運動に取り組んでいる人のように過度のトレーニングからくる負担

これらの負担により、腰にかかるストレスから骨格と筋肉のバランスを崩して
腰の痛みを発症することが多いと言われています。

こういった日常的に加わる腰のストレスからくる腰の痛みは
痛みに対する対症療法ではなかなかよくなりません。

少し良くなっても同じ環境に戻ると発症することが多いと言われています。


ここから先は手術や薬によらない、「筋肉や骨格・関節が本来の機能を取り戻す考え方」に沿った、タイプの異なる二つのストレッチと一つのエクササイズの紹介です。



1.整体やカイロなどの治療から生まれたストレッチ

初めに大須賀昭さんの「カイロプラクティックや整体に基づく」ストレッチ法を紹介します。


■ビリっと来る痛みで夜中に目が覚める

■階段などでよくつまづくことがある

■毎日のデスクワークに耐えられない


痛みの原因をネットで探されたり、その対応にお困りではありませんか。



自宅でDVDを見ながら自分自身で取り組む方法を紹介しています。

■自然治癒力を高める努力

■生活習慣の改善

■自宅で毎日5分のストレッチ



自然治癒力や体質改善により効果を期待する考え方です。


1日5分のストレッチ体操を続けて、30日で改善を目指します。


大須賀昭さんの坐骨神経痛でお困りの方にお勧めしたいストレッチ法を紹介しています。




いままでなかなか思うように効果が得られなかった場合には
自宅で行える新しいトレーニングは朗報になるかもしれません。






2.プロ選手の腰痛治療経験から生まれた方法

次に中川卓爾さんのスポーツから生まれたストレッチを紹介します。

日本女子プロゴルフ協会の契約トレーナ、男子プロのトレーナ





阪神タイガースのトレーニングコーチとして活躍された
中川卓爾さんのプロアスリートを治療した経験が生かされています。


あなたはこんな風に悩んでいませんか?       

■はげしい痛みで日常生活に支障をきたしている

■痛みのせいで夜眠ることができない

■腰の痛みで取り組んでいたスポーツができなくなった






現代人が悩まされている二つの原因:

デスクワークによるこりなど慢性的な運動不足

スポーツなどの取り組みによる過度のトレーニング

腰にかかる負担とストレスにより体のバランスを崩して
腰痛を発症することが多いのです。


こういった日常的な腰の負担とストレスからくる腰痛は
痛みに対する対症療法ではなかなかよくなりません。

改善が見られても同じ生活環境に戻ると同じ理由で発症することがあります。

仕事は変えられないまたは仕事をするために回復することが目的なら
中川式のストレッチを実施して生活環境を変えてみませんか。


1日に15分、簡単なストレッチを続けて30日で回復を目指します。


DVDを見ながら自宅で行えるので、通院の必要がありません。

自分でストレスの様子をみながらストレッチを実施できます。




プロ選手を守り、育ててきた経験と改善に裏付けされた中川式ストレッチは延べ50万人以上を治療してきた実績に基づいています。


腰痛の原因を知り、自宅でできるストレッチに取り組んでみませんか。







3.エゴスキュー:腰痛のためのエクササイズ

最後にエゴスキュー博士の筋肉が正しく動くためのエクササイズ・メソッドを紹介します。

エゴスキュー博士が本人の怪我からの回復のためにリハビリテーションとして、自ら開発・改良してきた方法です。

身体の中にあって全身を支えている大切なパーツに注目することからこの方法は生まれています。


体が歪む仕組みとは?


■実は人間の身体全体のバランスを支えているのは骨格ではなく筋肉です。


■筋肉が正しく動くようになって初めてバランスのとれた骨格が保たれます。



すでに10万人以上がその効果を体感しているこのエゴスキュー・メソッドをあなたも始めてみませんか?




この方法はあのジャック・ニクラウスさんをはじめメジャーリーガーなど多くのトップアスリート達も実践しています。

体力や年齢に関係なく行える簡単な方法です。

14の簡単なエクササイズがどんなものかチェックしてみませんか?


■エゴスキュー:腰痛のためのエクササイズ■




教材をお使いになった方のお声をお聞かせください。
頂いたお声をもとに各教材の効果や評判などをフィードバックしていきたいと考えております。
( contact@@creation-works.com スパム防止のため@を一つ削除してお送りください)
あなたが「1日でも早く痛みから解放されますよう」応援しております。


掲載ガイドライン
病気には様々な症状と原因があり、効果や再現性には個人差があります。またストレッチやエクササイズはその効果を保証するものではありません。サイトの訪問者の方に誤解を与えるような誇大な表現は極力排除するように配慮しております。実際に使われた方のお声も頂きながら、事実をお伝えできますように改善に努めて参ります。


今更聞けない人に。CMSのすすめ